上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

サイトマップ


トリガーポイント鍼治療

上殿皮神経障害の鍼灸治療

投稿日:2017年10月03日

日常的によく起こる「腰痛」ですが、

レントゲンやMRIなどの精密検査を受けても異常がない腰痛は85%と言われています。

原因が分からない腰痛は実はこんなにも多いんです。 

 原因不明の腰痛

  

原因不明の腰痛は上殿皮神経障害かも

 

原因不明の慢性腰痛の10%は上殿皮神経障害によるものと考えられています。

上殿皮神経は腰の深部からお尻の表面に向かって存在する神経です。

この神経が腰の筋肉などに圧迫されて起こる神経障害を「上殿皮神経障害」と言います。

 

上殿皮神経によって起きる腰痛は腰をひねったり、そらしたりすると、腰の中心から7センチくらい外側(神経が圧迫されている所)に痛みがでます。
また、長時間立っていたり、長時間座っていたりすると痛くなることがあります。

 

 上殿皮神経障害による腰痛の特徴 

・上殿皮神経が圧迫されているところを押すとそこからおしりにかけて痛みがでる

・長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしで痛みがでる

・立ち上がる、座るなどの動作をする時に痛みがでる

  上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

上殿皮神経障害は、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査ではわかりません。
そのため、原因不明の腰痛として扱われてしまうようです。

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 
上殿皮神経が圧迫されている所を中心に鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療を行うことで、上殿皮神経への圧迫が緩み、腰痛が改善していきます。

 

レントゲンやMRIなどの精密検査をしても原因が分からない腰痛にお悩みの方は

上殿皮神経による可能性もありますので、鍼灸治療を受けてみてはいかががでしょうか。

   

↓↓クリック↓↓

腰痛の鍼灸治療

 

腰痛に関するブログ

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

「上殿皮神経障害が原因の腰痛は鍼灸治療が効果的です。ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛 |タグ: , , ,

TEL:092-721-0086