眼精疲労と目の周りの筋肉の関係

サイトマップ


中心性網膜症

眼精疲労と目の周りの筋肉の関係

投稿日:2016年08月31日

 

長時間のデスクワークなどで「目が疲れる」「ぼやける」「かすむ」といった症状を訴える人がいます。

いわゆる「眼精疲労」です。

 

「眼精疲労」は目の周りの筋肉が疲れている状態です。

 

眼球は6つの筋肉(外眼筋)によって支えられています。
長時間デスクワークなどで眼を使うと、これらの筋肉に疲労が溜まります。
眼球と筋肉
 

また、物を見るときにカメラのレンズのような働きをする水晶体が厚さを調節し、ピントを合わせています。この調節にかかわっている筋肉が「毛様体筋」です。

近くを見続けたりしていると、この毛様体筋も疲労を起こしてきます。

 

毛様体筋と鍼灸

 

 

これらの筋肉が疲れてしまうと、眼の周りの血流が悪くなって眼精疲労の原因となってしまいます。

 

 

 

眼精疲労に効果的なツボ

 

眼の周りにあるツボを優しく指圧、マッサージすることで目の周りの筋肉がほぐれるので、目の疲れが緩和します。

 

 眼精疲労のツボ

 

眼精疲労は目の周り以外に首や肩などのコリが原因となっていることがあるので、
鍼灸治療を行うとより効果的に眼精疲労を緩和することができます。

 

詳しくは、眼精疲労の鍼灸治療を見てください ← クリック

 

 

 

 
カテゴリー: 中心性網膜症, 目の奥の痛み, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院 |タグ:

TEL:092-721-0086