花粉症の鍼灸治療の開始時期はいつがいい? 福岡市中央区の鍼灸院

サイトマップ


福岡の鍼灸院

花粉症の鍼灸治療の開始時期はいつがいいの?

投稿日:2015年01月26日

 

kakaka花粉症で鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどで辛い思いをする季節がそろそろやってきます。

毎年、2月頃から杉花粉が飛散し始め、3月頃にピークになります。

 

そして、スギ花粉のピークが終わった後は、ヒノキ花粉がピークを迎えます。

当院には、この期間中に花粉症を少しでも軽減させたいとのことで鍼灸治療を行っています。

 

 

 

お薬に頼らない花粉症対策

 

花粉症で悩まされる期間中は抗アレルギー薬などを服用して症状を軽減する方法がありますが、

 

お薬を飲めまい、飲んでも効果がもうひとつという方が鍼灸治療を希望されます。

 

鍼灸治療では頭、顔、手足などのツボに鍼灸治療を行うことで、免疫機能のバランスが整い、目のかゆみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が軽減されます。

 

 

 

花粉症の鍼灸治療はいつからはじめる?

 

 ka1毎年多くの方に花粉症の鍼灸治療を行っていますが、症状がピークの時に来院される方が多いです。

 

しかし、実はもう少し症状が軽い時期に鍼灸治療を行っておくほうが、実は効果的なんです!

 

花粉症はアレルギー反応なので、免疫機能のバランスを整えることが症状を軽減させるポイントになります。

 

鍼灸治療はこの免疫機能のバランスを整えることができます。

 

花粉症の症状がひどくなってからより、できれば症状の出る1ヶ月程度前か症状の軽いうちから鍼灸治療行っておくと、より症状を緩和できることがあります

 

また、自宅でお灸をされておくとより効果的です。

 

 

ぜひ今年はちょっと早目に鍼灸治療を受けてみられませんか? 

 

 

 

 

花粉症の鍼灸治療 ←こちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 花粉症 |タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

IT眼症 お灸 ツボIT眼症 ツボIT眼症 鍼灸 福岡MRI異常なし 坐骨神経痛お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡お尻の痛み 福岡お灸かかと 痛みかかとが痛いかかと痛ぎっくり背中 治療 福岡ぎっくり背中 鍼灸 福岡ぎっくり腰ぎっくり腰 治療 福岡ぎっくり腰 治療 福岡市ぎっくり腰 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡市ふくらはぎ外側の痛み お灸 ツボふくらはぎ外側の痛み ツボふらつきめまいめまい ツボめまい 効く ツボめまい 水毒 ツボめまい 治療 福岡めまい 鍼灸 福岡カッピング 福岡カモガヤ 花粉症 鍼灸ギランバレー症候群 複視 福岡ゴルフ肘ツボデスクワーク 坐骨神経痛,デトックス ツボトリガーポイント鍼治療 福岡ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張りハント症候群 治療 福岡ハント症候群 鍼灸 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 治療 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 鍼灸 福岡パーキンソン病フィッシャー症候群 複視 福岡プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡ベル麻痺 治療 福岡ベル麻痺 鍼灸 福岡