自律神経失調症による不眠症の鍼灸治療

サイトマップ


不眠症

自律神経失調症による不眠症の鍼灸治療

投稿日:2014年03月19日

自律神経失調症による不眠症身体が疲れすぎると、自律神経が乱れて身体をうまく休ませようという働きができなくなります。

そのため、寝つけなくなったり、何度も目を覚ましたりすることがあります。

 

「寝つけない、何度も目が覚める」、誰でも一度は経験したことはあると思いますが、そういう日が何日も続くと心も身体もだんだんと疲れてしまいます。

 

 

先日、来院された方もまさにそんな感じでした。

 

特に不眠になる原因に思い当たることはなかったそうですが、ある日突然眠れなくなり、それが数週間も続き、心も身体もだいぶお疲れの様子。

お薬には絶対頼りたくないとのことで、鍼灸治療で疲れた自律神経を整えて眠れるようになりたいと来院されました。

 

 

診察させて頂いたところ、背中にある自律神経のツボに反応がでており、それらのツボや手足などのツボに鍼灸治療をしました。

 

徐々にですが、体調も整いはじめ、鍼灸治療を1ヶ月(治療回数6回程度)行った頃には、背中のある自律神経のツボの反応も良くなり、今までのように眠れるようになりました。

 

現在は2週に1回程度、体調管理のために鍼灸治療を行い、あとは自宅にてお灸をしてただいています。

 

 

自律神経失調症の鍼灸治療はこちらをクリック!!

 

 

鍼灸治療の感想を頂きました! 

 

 

 

自律神経失調症による不眠への鍼灸治療

 

1月中旬からお世話になっています。
年末から約3週間程眠れない日が続いたので最初はとても不安でしたが第1回の施術で体に変化が出たので自分には合っていると思い、続けてお世話になりました。

あれだけ寝れない日が続いたのですが、第1回目で少しですが寝れた時は本当に今までの不安が希望に変りました。

自律神経の調整をして頂いているので免疫力にも良い影響が出ている様で、風邪等にもかかる事なく春を迎えられそうです。

これからもメンテナンスでずっとお世話になりたいと思います。

カテゴリー: 不眠症, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症 |タグ:

TEL:092-721-0086