psmと不妊症の関係とは|福岡不妊症専門の鍼灸治療

サイトマップ


不妊症

PMSと不妊症の関係とは?

投稿日:2013年06月23日

福岡不妊と鍼灸治療

PMSとは?

 

PMS(生理前症候群)とは、生理前になると「イライラする」、「怒りっぽくなる」、「気分が沈んでしまう」という精神的症状や「肩が凝る」、「頭痛がする」、「からだの具合が悪くなる」などの身体的な症状がでることです。 

 

PMSの原因は、ホルモンバランスの乱れとされていますが、詳しい事まではわかっていません。

東洋医学的には、「気」や「血」のめぐりが悪くなると、PMSの症状がでると考えられています。

 

 

PMSと不妊症の関係とは?

 

PMSと不妊が直接的な関係があるわけではないようです。

ただ、PMSの原因がホルモンバランスの乱れであることや生理前に繰り返される心身の不調により自律神経も乱れることで、結果的に、妊娠しにくくなる可能性はあります。

 

 

PMS改善と妊娠

 

PMSの原因は西洋医学的にはホルモンバランスの乱れとされていますが、はっきりとした原因は分かっていないため、症状に合わせた薬を服用します。

 

東洋医学(鍼灸)的には、「気」、「血」などのめぐりの悪さが原因としているため、「気」、「血」のめぐりを良くするツボを刺激することで体調を整えていきます。

 

そのことで、PMSの症状も改善するし、心身ともに健康的な状態となって、妊娠しやすいカラダ作りをすることができます。

 

PMSと不妊の鍼灸治療PMSに効果的ツボ

 

「太衝(たいしょう)」

場所:足の親指と二番目の指の間で、指で押し上げていくと骨の手前で止まるくぼみのところ

 

このツボを指圧やお灸をすると効果的ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡不妊症の鍼灸治療

 

カテゴリー: 不妊症, 妊娠力アップのツボ |タグ: , , ,

TEL:092-721-0086