生理不順の鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


生理不順の鍼灸治療

生理不順の中国鍼灸治療

生理不順の鍼灸治療

当院が施術する生理不順の鍼灸治療では、自律神経やホルモンバラスを整えることで、卵巣や子宮がうまく働くように改善させていき、、定期的な生理がくるようにしていきます。

また、肩こりや冷え性などがある場合はその治療も同時に行っていくことで、身体全体を整えていきます。

何ヶ月も生理がこない方、産婦人科などでホルモン薬の治療を受けている方などで他になにか良い治療法がないかお悩みの方は、鍼灸治療をうけてみてはどうでしょうか。

生理不順とは

生理不順(月経周期異常)とは、生理周期が不規則になった状態です。
正常の場合、生理は4~7日間位あり周期は25~35日位です。

生理不順の多くは、ストレスを受けて自律神経を乱し、ホルモンの分泌に影響が出るために周期が乱れます。また体調が悪い場合もホルモンの分泌に影響が生理不順という症状で出てきます。

生理不順を放っておくと不妊症になる場合もあります。

生理不順には、無月経、稀発月経、頻発月経などがあります。

 

【生理不順の主な症状】

・3ヶ月以上生理がない
・2ヶ月に1回しかこない
・生理周期が39日以上
・生理周期がだんだん短くなる

生理不順の鍼灸治療

生理不順の鍼灸治療

生理不順の鍼灸治療では主に腰や足首など卵巣や子宮と関係のあるツボを中心に鍼灸治療を行います。
生理不順の原因と考えられる自律神経もを調整することで卵巣や子宮の血流がよくなり、正常に働くように改善させていきます。

生理不順の多くは、ストレスにより自律神経を乱し、ホルモンの分泌に影響が出るために周期が乱れます。
ストレスや冷えなどによる生理不順の場合は、鍼灸治療がよく効く傾向にあります。

生理不順の治療間隔は週1回程度です。また、自宅でお灸をしていただく場合もあります。

 

【生理不順における鍼灸治療の作用】

①体内ホルモンバランスの調整作用
鍼灸治療は、自律神経の中枢である視床下部(視床下部―下垂体―卵巣系)にいい影響を与え、下垂体からの卵胞刺激ホルモン(FSH)および黄体化ホルモン(LH)分泌を促進させます。

①子宮の機能を回復
関元、三陰交などのツボは、子宮内の血流を改善し、機能を正常にする作用があります。

 

生理不順の治療を担当する鍼灸師

鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。 

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費