三叉神経痛・顔面神経痛の中国鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


三叉神経痛の鍼灸治療

三叉神経痛の中国鍼灸治療

三叉神経痛の鍼灸治療

当院が施術する三叉神経痛の鍼灸治療では、鍼独特の鎮痛作用により痛みを軽減させていきます。
また、頚部のコリをとることや自律神経を整えることで再発を予防するようにしていきます。

お薬を飲んでも効きの悪い方や手術は怖いので他に痛みを軽減する方法がないかお悩みの方は、鍼灸治療をおすすめします。

三叉神経痛とは

三叉神経痛

顔に痛みを感じるのは三叉神経という神経によるものです。

顔面に起こる痛みのため、顔面神経痛という方もいらっしゃいますが、正式には「三叉神経痛」といいます。

三叉神経は3本の神経でできており、①眼神経(おでこ、まゆげ)②上顎神経(鼻の横、ほほ)③下顎神経(あご)にわかれています。

三叉神経痛は顔の一部に起こる数秒間続く発作性の電撃痛、激痛です。

話をしたり、食事をしたり、ヒゲを剃ったり、歯をみがくなどで痛みが誘発されます。

三叉神経は歯にも分布しているため、歯の痛みと思って歯の治療をしても良くならないというこがあります。

【三叉神経痛の主な症状】

・左右いづれかだけの痛み
・数秒間続く発作性の激しい痛み
・風が顔に当たる、洗顔、歯磨き、会話、食事などで痛みを誘発する

三叉神経痛の鍼灸治療

鍼灸治療では、顔面の痛みのある部分を治療のポイントとします。
また、三叉神経痛のある方は首、肩にかけての筋肉にコリがある方が多いので、

そのコリを取り除く治療を行っていきます。

その他、三叉神経痛の発症ははストレスや疲れによる自律神経の乱れも関係してくるので、

手足の自律神経を調整するツボへも鍼をしていきます。

三叉神経痛のツボ

三叉神経痛の発症部位は3つに分けることができます。

それぞれの痛む部位によりツボを使い分けていきます。

三叉神経痛のツボ

 

 

 

→ 「テグレトール」の副作用が辛くて飲めない三叉神経痛

お薬「テグレトール」の副作用が辛く、漢方薬「五苓散、大黄牡丹皮湯」で改善がみられない三叉神経痛。
鍼灸治療で症状が改善しました。

→ 10年来の非定型顔面痛が改善しました

病院の検査でも原因不明の顔面部の痛み「非定型顔面痛」
そのため、治療法も様々で、なかなか改善しない方もいるようです。

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費