梨状筋症候群(お尻の痛み)の鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


肘の痛みの鍼灸治療

梨状筋症候群(お尻の痛み)の中国鍼灸治療

上腕骨外側上顆炎の治療

お尻の筋肉や骨の痛みは、お尻まわりについている筋肉のコリが原因で起きることがあります。

当院では、硬くなっている筋肉やツボへ鍼灸治療を行うことで、症状の緩和を目指していきます。

お尻の痛みがなかなか改善しない方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

お尻の痛みとは

お尻の奥の方(深部)がおもだるい」や「お尻の骨が痛い」と表現する人もいます。
長時間のデスクワークや運転など座り仕事の方に多いです。

病院での検査(レントゲン、MRI)で特に異常がない場合は、お尻や腰の筋肉が硬くなることで、お尻の痛み、しびれなどの症状がでることがあります。

病名としては、「坐骨神経痛」や「梨状筋症候群」と言われることもあります。

その他、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などでも起こります。

お尻の痛みで悩んでいる方のよくある症状

・長時間座っているとお尻が痛い、だるい、しびれる

・お尻の骨(坐骨、仙骨、尾骨)、骨盤が痛い

・お尻がピリピリ、電気が走る

・股関節が痛い、足の付け根が痛い

・お尻から太もも裏まで痛い、ツッパリ感がある

・お尻をグーでトントン叩きたくなる

・病院での検査で異常はなく、「坐骨神経痛」、「梨状筋症候群」と言われた

お尻の筋肉と梨状筋症候群

お尻には主に4つの筋肉があります。

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。
・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。
・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。
インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。
・梨状筋(りじょうきん)
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。

梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを「梨状筋症候群」といいます。

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

お尻の痛みの鍼灸治療

お尻の痛みの鍼灸治療では、お尻の筋肉のコリや押さえて痛いところ、ツボなどへアプローチすることで、症状の緩和を目指していきます。

デスクワーク、長時間の運転などでお尻の筋肉が硬くなると表面の筋肉だけでなく、深部の筋肉まで硬くなり、それが神経を締め付けることなのでお尻の奥のほうに嫌な痛みを感じてきます。

筋肉的な問題の場合は、精密検査をうけても骨に異常がでてきません。

また、椎間板ヘルニアや骨の変形など診断された場合でも、筋肉にも問題があることが多いです。

鍼灸治療はマッサージなどと違い、皮膚表面からだけではなく、直接的に問題のある筋肉のコリをゆるめることができますので、非常に効果的です。

お尻の痛みで悩んでいらっしゃる方は鍼灸治療をおススメします。

鍼灸治療は、週1~2回の治療をおこなっていくのが効果的です。

 

 

お尻の骨・筋肉の痛み(梨状筋症候群)についての関連記事

→ お尻の骨・筋肉の痛みの治療にはトリガーポイント鍼治療が効果的です

お尻の痛み、太もも、ふくらはぎにかけての痛みの原因はお尻の深層にある筋肉にできたトリガーポイントが原因のことがあります。
トリガーポイント鍼治療を行うことでお尻の骨や筋肉の痛みを改善することができます。

 

→ 長時間座った後のお尻の痛み

長時間、イスや畳などに座っているとお尻が痛くなります。人によってはお尻の骨が痛いという方もいます。その原因の多くは、梨状筋などのお尻の筋肉が固くなって起きます。

 

→ お尻がコルことってあるの?

お尻の筋肉がコルとお尻が痛くなるだけではなく、腰痛、坐骨神経痛まででてきます。

 

→ 梨状筋症候群ってどんな症状?

梨状筋症候群ってどんな症状か図で説明しています。 

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費