うつ病の中国鍼灸治療

サイトマップ


うつ病の鍼灸治療

うつ病の文献

うつ病の鍼灸治療

読売ウィークリー
当院の「うつ病の針灸治療」
が掲載されています。

当院が施術するうつ病の針灸治療は中国・北京大学で研究された治療法です。
頭部のツボに針を刺し、微弱な電流を流すことで、うつ気分、睡眠障害、頭重感、その他肩こり、倦怠感などの身体症状を改善していきます。
その効果は北京大学で研究、発表されています。

中国での針灸によるうつ病治療について紹介したいと思います。

 

頭部針通電療法によるうつ病治療(抗うつ剤との比較)

対象者 中・重症度のうつ病患者66例(HAMD20点、SDS53点以上の者)
年齢18~55才、うつ病歴3ヶ月~3年
グループ 鍼通電療法組31例、四環系抗うつ剤(マプロチリン)組35例
方法 鍼通電療法組は週6日(36回)毎日治療、抗うつ剤組は毎日服用。
共に6週間を1クール
結果 両組ともうつ症状、不安症状が同程度改善された。
抗うつ剤組35例中4例は副作用が強すぎて、治療を中断した。
鍼通電療法組は特に副作用等の反応はなかった。

(韓毳 中国中西医結合雑誌2002年7月号)

*用語説明
HAMD:うつ病の程度を測る尺度
SDS:うつ症状を自己評価する尺度
SAS:不安症状を自己評価する尺度

①うつ症状の改善

・治療開始2週間後くらいから精神が安定、身体症状が軽減し始めている

・HAMD、SDS共に顕著に改善(P<0.01)
・治療6週間針通電療法組は抗うつ剤組と同等の効果があった(P<0.05)

②不安症状の改善

・治療開始2週間後くらいから不安症状が改善し始めている

・抗うつ剤よりも顕著で(P<0.05)、鍼通電療法は不安症状に対して効果的だった

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費