寝違いの鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


肘の痛みの鍼灸治療

寝違いの中国鍼灸治療

上腕骨外側上顆炎の治療

寝違いは首筋の筋肉などが炎症を起こすことで、頭を支えたり、、動かす時に痛みを感じるツライ症状です。

当院では、首まわりの痛む部分や肩、背中、腕などのツボに鍼灸治療をすることで、患部の血流促進し、首の動きを改善させていきます。

湿布や電気治療を受けてもなかなか改善が見られない方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

寝違いとは

朝、目が覚めて起き上がろうとしたら、首に激痛が走り、顔を動かすことが出来なくなり、ロボットのような動きになってしまう。
このような首の痛みを「寝違え」、「寝違い」と言います。

寝違えは、首や背中などの筋肉に不自然な力が加わり続けることによって、筋肉に炎症が起きている状態です。

目覚めて起き上がる時に頭の位置を変えることができない。または、目覚めはなんとなく首まわりが重だるく、徐々に首を動かせなくなる場合もあります。

寝違いの主な症状は

・朝起きたら、首が痛くて 動かない

・ 首が痛くて、首を左右に回せない

・上を向くのが辛い

・首をまわす角度が大きくなるほど、徐々に首の痛みが増す

・横を向く時には、ロボットのように体ごと回してしまう

・ 腕がだるい・腕にしびれがある(特に前腕部分)

寝違いの鍼灸治療

東洋医学では、寝違いを「落枕」と言います。

頭が枕から落ちた状態で寝た結果として、不自然な姿勢で寝たため、首まわりの筋肉(・肩甲挙筋・半棘筋・胸鎖乳突筋・脊柱起立筋など)に負担がかかり、炎症を起こしている状態です。

また、疲労やストレス、冷えなどで首や肩こりがひどい時などにも起こります。

鍼灸治療では、これらの痛んでいる筋肉の消炎鎮痛を目的とした治療を行います。

首まわりの痛む部分や肩、背中、腕などのツボに鍼灸治療をすることで、

患部の血流促進し、首の痛みを緩和させていきます。

首・背中の筋肉と寝違いに効くツボ

①僧帽筋
首の付け根から肩甲骨にかけての筋肉で、こわばったような、重苦しい感じがあります。僧帽筋は、首肩や肩甲骨の運動に関わります。

ツボ:天柱、風池、肩井など

②半棘筋・板状筋

後頭部から首にかけての筋肉で、頭部の保持と共に首を動かす時に使う筋肉です。
ツボ:天柱・風池・百労など

③肩甲挙筋・菱形筋・最長筋・腸肋筋
寝違いでは、肩甲骨の内側に痛みを感じやすく、指圧すると痛い気持ちいい感じがあります。
ツボ:肩中兪・肩外兪・膏肓など

④三角筋・棘上筋・棘下筋
肩甲骨から上腕骨についている筋肉です。
腕を挙げる運動に関わります。
ツボ:天宗・臑兪など

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費