筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)の鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


肘の痛みの鍼灸治療

筋筋膜性疼痛症候群の中国鍼灸治療

上腕骨外側上顆炎の治療

筋筋膜性疼痛症候群は筋肉、筋膜や軟部組織などによる問題で起こります。

当院の鍼灸治療では、筋肉・筋膜のトリガーポイントや圧痛点、コリなどを中心としたツボへアプローチすることで、症状の緩和を目指していきます。

筋筋膜性疼痛症候群による症状がなかなか改善しない方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

筋筋膜性疼痛症候群とは

筋筋膜性疼痛疼痛症候群(MPS)とは、筋や筋膜などに生じる凝り(トリガーポイント)が原因で痛みやしびれなどの症状がでます。

症状の出る部位は、主に後頭部、首、肩甲骨周囲、背中、腰、お尻、足などに出やすいです。

筋筋膜性疼痛症候群は病院での精密検査をしても特に異常が見当たりませんが、筋肉の中にコリ(トリガーポイント)があります。

筋肉とは関係ないと思われている椎間板ヘルニア、坐骨神経痛や関節の痛みなども、トリガーポイントによるものが数多くあります。

筋筋膜性疼痛症候群の原因として考えられているのは、日常生活での姿勢などにより、筋肉への負担がかかり、コリを作ってしまうことで、血流も悪くなり、痛みが出てくると考えられています。

トリガーポイントとツボ

トリガーポイントとは
「痛みの引き金となる点」という意味です。 トリガーポインとは、押さえて痛いところ(圧痛点)や普段痛い場所とは別のところに存在し、押すとなぜか普段痛む場所に痛みを感じます(関連痛)。

例えば、ふくらはぎが痛い(坐骨神経痛)人のお尻にあるトリガーポインを押さえると、ふくらはぎのいつも痛いところに響いてくる感じがわかります。

トリガーポイントとツボの関係
トリガーポイントはツボの場所とよく似ており、7割以上は一致しているという報告があります。
鍼灸治療では、トリガーポインもツボも非常に大事な治療ポイントになります。

筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療

筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療では、筋肉・筋膜のトリガーポイントやコリ(圧痛点)、ツボなどへアプローチすることで、症状の緩和を目指していきます。

慢性的な頭痛、首こり、肩こり、腰痛、神経痛などや病院での検査で異常が見つからない場合。

また、椎間板ヘルニアや骨の変形など診断された場合でも、筋肉に問題があることが多いです。

この筋肉へ鍼灸治療を行うことで、様々な痛み、しびれなどが軽減していきます。

鍼灸治療はマッサージなどと違い、皮膚表面からだけではなく、直接的に問題のある筋肉のコリをゆるめることができますので、非常に効果的です。

筋筋膜性疼痛症候群、慢性痛に悩んでいらっしゃる方は鍼灸治療をおススメします。

鍼灸治療は、はじめのうちは週1~2回の治療をおこなっていくのが効果的です。

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費