椎間板ヘルニアの中国鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


椎間板ヘルニアの鍼灸治療

椎間板ヘルニアの中国鍼灸治療

当院では椎間板ヘルニアには中国針を用いて治療しています。

中国針の独特な鎮痛効果で椎間板ヘルニアの症状である、腰、お尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足裏にかけての痛みや痺れを軽減させていきます。

椎間板ヘルニアには中国針治療をお勧めいたします。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニア図

背骨には骨と骨の間にクッションの役割をはたす「椎間板」と呼ばれる軟骨があります。

この椎間板は、外側部分は比較的に硬いのですが中身はゼリーのように柔らかくなっていて、これを「髄核」と言います。

椎間板ヘルニアとは、咳やクシャミ、重いものを抱えたり、ぎっくり腰などにより「椎間板」に亀裂が生じ、そこからゼリー状の「髄核」が飛び出してしまうのがヘルニアの原因です。

そして、飛び出した「椎間板」が神経などを圧迫する事により、
腰や足に痛みや痺れなどの症状を引き起こすと一般的には考えられています。

椎間板ヘルニアの原因の多くが筋肉に関連する記事

★腰椎の異常=坐骨神経痛!?
★大腰筋の萎縮が椎間板ヘルニアを発症
★手術無効例の多くは梨状筋症候群が原因
詳しくはこちらをクリック

腰椎椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は、主に坐骨神経痛といわれる症状です。

腰、お尻・太もも、足にかけて痛んだり、しびれます。

椎間板ヘルニアが起きる原因として、咳やクシャミ、重いものを抱えたり、ぎっくり腰、長時間のデスクワークや運転などがあります。

坐骨神経痛についてはこちらをご覧ください。

椎間板ヘルニアによる症状

・立っていると腰や下肢が痛んだり、しびれたりする
・椅子に坐っていると腰や下肢が痛んだり、しびれたりする
・座った状態から立ち上がるのと腰や下肢が痛んだり、しびれたりする
・歩くと腰や下肢が痛んだり、しびれたりする
・前傾姿勢で痛みが強くなる
・下肢の一部を手でさわると感覚が鈍い

椎間板ヘルニアの中国鍼灸治療

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアにの中国鍼灸治療では、腰椎の神経根部や坐骨神経に向けて中国針を刺入します。

また、腰や坐骨神経が分布しているお尻・太もも・ふくらはぎ・すね・足の裏に刺激を送ります。

椎間板ヘルニアによる症状は、背骨が不安定な状態のため、右図①腰方形筋や②大腰筋やお尻の筋肉が骨を保護しようとして緊張し、筋肉にコリを作ったり、血流障害を起こし、より一層症状を強める様な悪循環を形成していきます。

中国針治療はこの筋肉の緊張や血流障害を取り除き、椎間板ヘルニアによる症状を改善していきます。

大腰筋刺針法

主に椎間板ヘルニアや頑固な慢性腰痛に用います。
大腰筋とは腹筋と背筋の中間にあり、背中側や、お腹側から押さえても触れることができない位置にあります。背骨を支えている筋肉の1つです。

当院では、中国針を用い、的確に大腰筋をねらうことにより腰深部のコリや炎症を取り除きます。
大腰筋は深部にあるためマッサージや一般の針治療では大腰筋のコリや炎症を取り除くことは難しいです。

症例

当院には多くの椎間板ヘルニアによる腰、足にかけての痛み、しびれに悩んでいる方の治療をさせていただいています。その一部をご紹介いたします。

杖がないと足が痛くて歩けない椎間板ヘルニア

患者 60歳 男性  椎間板ヘルニアの症例1
主訴 右足すねの痛み
状況 3年前から上記症状があり、じっとしていても痛みが強い。
整形外科にてMRI等の検査の結果、椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛剤などを服用していたこともある。
ここ数ヶ月痛みが強い時が多く、寝ていても耐えられない痛みがする時がある。
10日後に遠方で親戚の結婚式があるため、どうにか少しでも痛みが軽減できないかと杖をついて来院する。
治療経過 当院にて2~3日おきに3回ほど坐骨神経痛の中国針治療を行い、じっとしていてもたまらない痛みはなくなる。
親戚の結婚式にも無事出席されました。
治療5回目後には、。外出時に杖を忘れて出かけてしまい、あわてて自宅に杖を取りに帰るくらい改善してきました。
治療8回目後、杖なしで散歩などが可能となりました。
合計10回の治療を行い、症状が落ち着いたため様子をみることにする。
坐骨神経痛などで杖をついて来られる患者様が中国針治療により杖なしでも歩けるようになる。
また、治療院に杖をついて治療に来て、帰りには杖を忘れて帰られることがあります。

腰、左お尻、ふくらはぎ、足裏が痛い椎間板ヘルニア

患者 50歳 男性  椎間板ヘルニアの症例2
主訴 腰、左お尻の痛みと左膝裏から足裏にかけてのしびれ
状況 2ヶ月前にに交通事故に遭い、しばらくは特に症状もなく過ごしていたが、1ヶ月前から上記症状がではじめる。
クリニックにてレントゲンの結果、腰椎椎間板ヘルニア、左根性坐骨神経痛と診断される。
硬膜外ブロック注射を数回受けるなどの治療をしてきたが、症状が改善しない。
2ヶ月後の山笠に出るため、それまでにどうにか治りたいとのことで当院を受診されました。
腰、お尻の筋肉がガチガチに硬くなって、腰を軽く押さえるだけで、足先までしびれが出現するような状態でした。
治療経過 はじめのうちは週2回のペースで治療を行なう。
治療5回目で腰痛やお尻の痛みは以前の半分程度になる。
膝から下のしびれは依然ある。
治療10回目で腰痛、お尻の痛みはほぼなくなる。
足先のしびれも軽減してきた。しびれを感じない時もでてきた。
ただ、疲れがたまるとしびれを感じる。
治療15回目、足のしびれはでなくなった。
どうにか山笠まで間に合いました。

歩くと痛くなる椎間板ヘルニア

患者 40歳 女性  椎間板ヘルニアの症例3
主訴 歩くとお尻、ふくらはぎ、足がしびれて、痛くなる(坐骨神経痛)
状況 10年前から坐骨神経痛があり、だましだまし過ごしてきていた。
今年の6月から痛みが強くなり、5分歩くとお尻から足にかけてしびれと痛みが起きて、動けなくなる。しゃがみこむと楽になる。
整形外科で検査を受けたところ「腰椎椎間板ヘルニア」と診断される。
病院での治療を行ってきたがなかなか改善がみれらないので当院を受診。
治療経過 治療5回目:今までの痛みが半減(VAS5)。10年来の痛みが確実になくなってきており喜ばれる。
治療7回目:あと3~4割 10分は休まず歩けるようになる。
治療9回目 1キロ歩いても平気になる。

椎間板ヘルニアの鍼灸治療の感想記事

→ 腰椎椎間板ヘルニア手術(PLDD、ヘルニア摘出術)後に再発の鍼灸治療

椎間板ヘルニアの手術を受けて、一時的には改善してもののまた再発する方もいるようです。今回、来院された方もその1人、ヘルニア暦10年、その間に4回もの手術をうけたそうですが、またもヘルニアを再発し、神頼みで鍼灸治療を受けてみたそうです。
すると、今までの足の痛みや冷感、股関節の痛みが嘘のように消えてしまいました。この辛かった10年間は一体なんだったのか?と思ったそうです。

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費