6月 2017 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:6月 2017 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

夏の花粉症と鍼灸治療

投稿日:2017年06月17日

春の花粉症の時期はとっくに過ぎたのに「鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」がある。。。

花粉症と言えば、春の風物詩?のように思っている方が多いと思いますが、実は夏にも花粉症があります。

春のスギ花粉症になる方の3割くらいは夏の花粉症にもなるようです。

 

そのため、5月、6月になっても「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみがある・・・」という方は、夏の花粉症の可能性大です。

 

 d7e2b4f125e6d3f62baf9f573dce0822_s

夏の花粉症は、主にイネ科のカモガヤによるものです。

カモガヤの花粉は5月~8月に飛散します。

 

できるだけ、花粉に接触しないようにすることが第一です。

そして、鍼灸治療を行うことで、花粉症を発症しにくい状態または、発症してもひどくならないような状態にしていくことができます。 

  

夏の花粉症の鍼灸治療は春や秋の花粉症と同様な施術を行います。

→→ 花粉症の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 花粉症 | タグ: , ,
眼筋麻痺の鍼灸治療

投稿日:2017年06月13日

 

bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s

眼筋麻痺は、眼を動かす筋肉や眼筋に関係する神経に問題があり、眼が麻痺します。

そのため、「モノが二重に見える(複視)」「眼球の動きが悪い」「眼が外側や内側に向いてしまう」などの症状が出ます。

 

眼筋麻痺の原因はいくつかありますが、当院の鍼灸治療で対応している眼筋麻痺は病院での精密検査で異常が見つからない。原因不明のものです。

お医者様からは「ストレス」「疲労」などが原因として言われることが多いです。

ビタミン剤などが処方され、回復するのを待つ感じになります。

 

 鍼灸治療では体調を整えることで、眼筋麻痺からの回復を促進する効果があります。

 

 

 

 眼筋麻痺の鍼灸治療の症例

 

50代 女性 北九州市在住

 

5か月前に原因不明の眼筋麻痺(外直筋麻痺)になり、ビタミン剤を服用して2か月ほど様子を見ていた。
しかし、なかなか回復しないため、他に何かいい方法がないかと探したところ鍼灸治療にたどり着きました。

 

 週1回の治療を3か月ほど続けたところ、眼筋麻痺は治り、物が二重に見える複視も直りました。

 

複視がひどい時は、両目で物を見るのが辛かったけど、今は完全に良くなり、大好きな折り紙ができると喜んで頂きました。

 

最後の鍼灸治療の日には折り鶴を持って来られました。

名称未設定-1

 

眼筋麻痺でお悩みの方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

→→ 眼筋麻痺(複視)の鍼灸治療

 

 

 

眼筋麻痺の患者様からの感想を頂きました。 

EPSON MFP image 

私は1月17日の朝、突然に目の焦点が合わずにふらつき歩けなくなりました。

眼科に行き、診断結果は「外直筋麻痺」でした。原因を調べる為、

脳神経外科に行きMRI等検査を受けましたが、異常はなく結局原因不明でストレスによるものですと言われました。

医師からは治療法はなくビタミン剤を処方されただけした。

 

物が二重に見え、すべての事に時間がかかり生活に不安をかかえ、夜も眠れない日が続きました。

そんな時にインターネットで貴院に出会いました。

 

針治療は初めてで、特に目のまわりは緊張しましたが、全く痛くありませんでした。

時には寝てしまうこともありましたが、7回目くらいから見え方に変化が出てきました。

3か月で目の違和感もとれ、普通の生活に戻ることが出来てとても嬉しく思っております。

 

何よりも感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 眼筋麻痺, 福岡の鍼灸院, 複視 | タグ: , , ,
梅雨の体調不良「だるい」「めまい」「吐き気」は「湿邪」が原因そして効果的なツボ

投稿日:2017年06月09日

83c6d55bed836354c3d8d4d558140eb3_s

梅雨の時期になると、体調を崩す方がいます。

特にだるい、めまい、吐き気、むくみなどの症状で悩む方がいます。

 

東洋医学では、これらの症状は体内に停滞した水分が原因と考えられています。

この余分な水分のことを「湿邪」と言います。

 

特に梅雨になると湿気が多くなり、それが、湿邪となって悪さをします。

 

身体の機能がうまく働いていると、この余計な水分を溜めることはありませんが、

自律神経の働きが悪く、体内の水分をうまく排出できないと、体調が崩れます。

 

梅雨の時期以外でも、新陳代謝の悪い人では体に余計な水分(湿邪)が溜まりやすいです。

この湿邪が原因で様々な症状が出てきます。

 

 

 

8a0254f01c626daac44d763b6e3d55f9_s

湿邪の特徴と症状

 

湿邪には「重い」「停滞」という特徴があります。

そのため、頭や体が重い、頭がスッキリしない。

新陳代謝が良くない人では、体がむくみやすくなります。

 

また、湿邪が体の中に入りこんでくると、胃腸の調子も悪くなります。

そのため、食欲不振や吐き気などがでてきます。

 

 

 

 

名称未設定-1 

水はけのよい身体作り

 

体内に余計な水分を溜めないためには、身体を動かして、代謝を上げることが重要です。

ウォーキングなどがおススメです。

 

また、「発汗」「利尿」作用のあるものを食べることも大事です。

 

発汗作用のある食物

ネギ、しょうが、にんじん、カボチャ・・・

利尿作用のある食物

キュウリ、白菜、とうもろこし、じゃがいも・・・・

 

 

 

溜まった水分(湿邪)を取り除くツボ

名称未設定-1 

豊隆は身体の中に溜まった余計な水分を取り除くツボです。

お灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

またこのツボ以外にも体調を整えるツボにお灸をすると効果的です。

自律神経に効果的なツボ

 

梅雨と自律神経失調症の関係

 

自律神経を整える鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: お灸, めまい, 体調不良, 気象病, 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 食欲不振 | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
http://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ