6月 2014 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:6月 2014 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

梅雨の体調管理に効くツボ

投稿日:2014年06月20日

梅雨の時期はジメジメしてなんだか身体もだるくなったり、

073212

体調を崩す方(自律神経失調症)も多い季節です。

 

東洋医学では、身体の中に湿気が溜まりすぎると、

色々な不調を起こすと考えられています。

 

梅雨の時期によく現れる症状

 

・身体がだるい

・身体がむくむ

・頭が重い(頭痛)

・関節が痛い

などなど

 

 

梅雨の時期に上記のような症状が出やすい方は、身体の中に余分な水分が溜まっている可能性があります。

 

軽い運動をしたり、ちょっとだけ辛いものを食べて発汗し、身体の中の湿気を追い出しましょう。

 

 

 

デトックスのツボ

 

 

t01610214_0161021411852827274

デトックスのツボを指圧やお灸をして身体の中の余分な水分を排出すると、梅雨時期の体調不良には効果的ですよ!

  

豊隆(ほうりゅう)

 ふくらはぎの外側で、膝とくるぶしの間の真ん中で、筋肉が一番盛り上がっているところ。

 

 デトックスのツボを押して、梅雨の時期の体調不良を解消しましょう!

 

 

 

 

 

その外、梅雨の時期を乗り越えるツボをこちらで紹介しています!  ←クリック

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症 | タグ:
慢性副鼻腔炎の鍼灸治療

投稿日:2014年06月14日

副鼻腔炎の画像1慢性の副鼻腔炎は 3ヶ月以上続く鼻水、鼻づまりの症状があります。

鼻の周りにある空洞に炎症が起き、鼻へつながる小さな孔が塞がれてしまい、副鼻腔の中に膿が溜まっていきます。

 

耳鼻咽喉科での診察では、レントゲン検査やCT検査などによって副鼻腔の状態が分かります。

 

治療では、抗生物質や消炎酵素剤、抗炎症剤、抗アレルギー薬、鼻粘膜へのネフライザーなどが処方されます。

 

しかし、抗生物質が投与され過ぎると、胃の調子が悪くなったり、お薬の効きが悪くなったりすることがあるようです。

 

また、手術による治療もありますが、合併症などのリスクもあり不安に感じてしまう方もいるようです。

 

 

慢性副鼻腔炎の鍼灸治療とは 

kahunshotubozu (1)

 

東洋医学では、副鼻腔炎のことを「鼻淵」と言い、昔から鍼灸治療をおこなってきました。

鍼灸治療では、体調を整えるツボや鼻まわりにあるツボを使って副鼻腔の炎症を抑え、溜まった膿の排出を促していきます。

 

それにより、鼻水、鼻づまり、頭痛、目の奥の痛み、咳、痰などの症状も軽減していきます。

また、副鼻腔炎を繰り返さないように体質改善も行っていきます。

 

 

 

症例

 

60代 男性 福岡市

 主訴:慢性副鼻腔炎による鼻づまり

 抗生物質

半年前から鼻づまりに悩んでおり、耳鼻咽喉科を受診する。

精密検査の結果、副鼻腔炎と診断され抗生物質などを3ヶ月服用していたがなかなか改善が見られない。

 

その後、違う耳鼻科も受診したところ、しばらく薬を服用して改善が見られないようであれば、手術との話がでた。

 

そのため、耳鼻科の薬と併用して当院の鍼灸治療を受診した。

 

鍼灸治療では、手足のツボ、首のツボ、そして鼻周りにあるツボへの鍼灸治療を週1~2回のペースで行った。
治療を重ねていくうちに鼻のとおりも改善してきた。

 

鍼灸治療を2ヶ月行った頃に手術を勧めてきた耳鼻咽喉科にて再度精密検査を受けた所、
副鼻腔にあった膿がキレイになくなっており、とりあえずは手術をせずに様子をみることになった。

鼻づまりの症状も以前に比べてかなり軽減している。

 

 副鼻腔炎画像

 

今回の症例は鍼灸治療のみの効果とは言えませんが、

鍼灸治療を行うと鼻の通りが良くなることを実感さています。

また、精密検査での結果も鍼灸治療によるものが大きいと感じていただいています。

  

 

慢性副鼻腔炎による症状で悩んでいる方は非常に多くいます。
お薬の効きの悪い方、副鼻腔炎になりにくい体質を目指したい方、
鍼灸治療を受けてみてはどうでしょうか?

 

 

慢性副鼻腔炎の鍼灸治療について ←詳しくはコチラクリック

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 副鼻腔炎, 福岡の鍼灸院 | タグ: ,
逆子のお灸で安産でした!

投稿日:2014年06月11日

逆子のお灸をすると逆子ちゃんが戻るのは有名ですが、

実は、、、

anzan

 

3ヶ月前に逆子のお灸で来院されたママさんが先日来院されました。
逆子のお灸で、逆子ちゃんが戻った後も継続的にお灸を続けていただけたので、

お産も軽かったとご報告いただけました。

 

 sakagochan

逆子が直った後も、ぜひお灸を継続されることをオススメします。

また、逆子ちゃんじゃなくても安産灸はできますよ♪

 

 

→ 逆子のお灸と安産のお灸についてはこちらをご覧ください!

 

 

 

そして今回は、毎日育児で忙しいけど楽しい生活を過ごしておられるそうですが、

身体はちょっとだけお疲れ気味。

 

自分でできるセルフお灸のツボを知りたいとのことで来院されました。

肩こりや頭痛に効果的なツボをお伝えしました。

 

 

安産灸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆子ちゃんのお灸治療

大野城市在住  30代

 

逆子治療施術後、毎日自宅でのお灸を続けていましたが、

お灸をしている時は胎動が激しく治療から2週間後の健診で逆子が治っていました。
安産ツボにも一緒にお灸をしていたので、お産もとても軽く安産でした。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: 安産灸, 福岡の鍼灸院, 逆子 | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
http://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ