1月 2014 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:1月 2014 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

2人目も逆子のお灸を受けに来ました。

投稿日:2014年01月20日

二人目も逆子のお灸1人目の時も逆子でお灸をして直ったので、今回2人目もまた逆子になったから、逆子のお灸をお願いします。」

 

逆子のお灸治療をやっていると、こういうケースもよくあります。

1人目の時にお灸で逆子が戻っているので、ママさんから「逆子のお灸」を信頼をしていただいているようです。

 

今回、来院された方もその1人。
「二年前に逆子のお灸でお世話になったんですけど、2人目もお願いします」

 

29週で来られたので、逆子も戻りやすいと思います。

 

二人目も逆子のお灸

 

 

 

30代 女性 大野城市在住

逆子のお灸

 

産院で逆子と言われ、一人目の出産の時も逆子だったので、来院しました。

一人目の時もこちらでお灸をしてもらい、逆子体操などはしなかったのに

すぐに逆子の状態から治ったので、今回も迷わずに来ました。

 

少し熱く感じますが、お灸をしていると胎動が活発になるので

お腹の赤ちゃんにも気持ちいいのかなぁと感じられます。

 

一人目の時も、自宅でお灸を出産まで続けていましたが

その時間はリラックスタイムとなっていました。

 

今回の妊娠では腰痛がひどくてつらいのですが、腰痛に効く体操とツボも教えて

いただけたので、逆子治療と一緒に腰痛も軽くなるよう期待しています。

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 逆子 | タグ: , ,
椎間板ヘルニアのレーザー手術(PLDD)、ヘルニア摘出後に再発の鍼灸治療

投稿日:2014年01月18日

名称未設定-2腰椎椎間板ヘルニアの整形外科などでの治療では、まず鎮痛薬、湿布、電気、牽引治療などの保存療法を行います。

 

 

しかし、坐骨神経痛などの症状が強く、日常生活に支障をきたす場合などには手術を行うことがあります。

 

手術では直接ヘルニアを除去する手術や椎間板内圧を減らしてヘルニアを引っ込める手術などがあります。
手術後は
腰痛、坐骨神経痛などが改善される方も多いようです。

 

ただ、なかには手術をしても一時的に痛みが取れるだけで、また再発するという患者さんもいるようです。

 

 

今回、当院での鍼灸治療を受けた方も、ヘルニア摘出術1回 、レーザー手術(PLDD)3回行ったそうですが、また坐骨神経痛の症状がでたため、鍼灸治療を受けに来られました。

 

そして、鍼灸治療後は下肢の痛み、冷え、股関節の痛みがほぼなくなりました。

 

 

手術後に再発したなど同じような悩みをお持ちの方、鍼灸治療を受けてみてはどうでしょうか?

 

 

 椎間板ヘルニアの鍼灸治療はこちら

 

 坐骨神経痛の鍼灸治療はこちら

 

椎間板ヘルニアの鍼灸治療

 

 30代 男性 小郡市在住

主訴 ヘルニアによる足への痛み

 

 

過去PLDD(レーザー手術)2回  ヘルニア摘出手術 1回  を受けさらに今回、PLDDを受けました。

手術をしても再発をくり返し、腰の痛み、足への痛みが完全にとれることはなくそれにともない股関節の痛み、足先の冷感などもあり10年程悩まされていました。

 

 

そこで、神にすがる思いで、箱嶌医針堂の中国鍼を受けてみました。

鍼をしてもらってる間はズーンと重い痛みが走りますがその日の夜から、足の冷感は消え、股関節の痛みもほぼとれてしまい、今まで我慢してきた日常生活がバカみたいに思えてきました。

 

手術する前にこちらにうかがっていれば、どれだけ体の負担が

軽くすんだだろうか?と思います。

 

 

 

 

カテゴリー: 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院 | タグ: , , ,
心因性めまいの鍼灸治療

投稿日:2014年01月16日

心因性めまいの鍼灸治療めまいを起こす原因はいろいろありますが、精神的なストレスや不安感などにより、めまいを起こすことがあります。このような心理的な要因で起こるめまいを心因性めまいと言います。

 

 

心因性めまいの場合、耳鼻咽喉科や脳神経外科での精密検査では特に異常がありません。そのため、精神的に安定するようなお薬などを中心とした治療を行っていきます。

しかし、なかには病院での治療を受けてもあまり改善が見られない方もいるようです。

 

 

当院にも心因性めまいで鍼灸治療を受けに来られる方がいます。
鍼灸治療を行うと、身体がリラックスしていき、精神的にも安定してくので、心因性めまいによる症状も改善していきます。

 

 

鍼灸治療を受けたことがない方は、緊張して余計に精神的に不安になるのではと思うかもしれませんが、心因性めまいの鍼灸治療では、心地よい治療を行っていきます。 
そのため、「鍼って痛くないんですね」「気持ちいい」などの感想を頂きます。

 

 

数ヶ月前から治療に来ていて頂いている患者さんも「心因性めまい」で悩んでいましたが、
鍼灸治療をはじめてから徐々に良くなっています。

 

「心因性めまい」でお悩みの方、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください → 心因性めまいの鍼灸治療

 

 

 心因性めまいの鍼灸治療の感想

 

女性 60代 福岡市在住

心因性めまい

半年以上、めまいに悩まされ、その間入院(1ヶ月程)もしましたし、

退院後も、1人では歩くこともままならず、寝たきりの状態が続きました。

 

 

主人のすすめで鍼灸をやってみようと、先生をたずねました。

3回程の施術で驚く程の快復で起きていられる日がある様に

なり、ただ、波はまだありましたけど、2カ月も過ぎるころには

食事の仕度もできるようになり、ただただ鍼灸の先生のすごさに

驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

12月の始め頃からまだ完治とは言えませんけど波も小さく

ウォーキングも再開しました。

春にはすっかり元気になれると楽しみにしております。

 

 

 

 

カテゴリー: めまい, 福岡の鍼灸院 | タグ: ,
逆子35週目で初めてお灸を試してみました

投稿日:2014年01月10日

逆子ママさんから嬉しいご連絡をいただきました。
同じ逆子に悩んでいるママさんのお役に立てればということで、「逆子のお灸」の感想を頂きました!

今までお灸などしたことがないというママさんに読んで頂ければと思います。

 

 

 

 35週目からの逆子のお灸

逆子のおきゅう

 

私は妊娠後期に逆子になり、一度産婦人科の先生の外回転の手技で治ったのですが、また次の週には逆子になってしまい、そのままずっと逆子でした。

 

産婦人科の先生が、逆子体操をしない主義で、「寝る時に右下で」と言われて、私もそんなものなのかなあ、いつか治るのかなあと、寝る時の体勢だけ右下にして、逆子体操はしないままでいたら、逆子のまま35週になってしまいました。

 

さすがに私も焦り、このままでは帝王切開だといろいろ自分でも調べてみることにしました。

 

お灸については、妊娠・出産の本にも、逆子に効くと載っていましたが、迷信だとろうと全然考えてもみませんでした。お灸などしたこともないし、怖いイメージがありました。

 

お灸は34週までにしたら効果的、それ以降は治りにくくなると書かれており、半ば諦め気味で、でも何もしないのも後悔しそうだから、いろいろトライしてみて、ダメなら帝王切開をしようと、ほとんど期待もしないで箱嶌先生のところに行きました。

 

 

 

ネットで「逆子のお灸」を検索してみる 

 

逆子のお灸を検索してみる殆どのママがそうだと思いますが、私もお灸などは経験もなく、考えたこともありませんでした。

 

でも、逆子のブログやヤフーの知恵袋などネットでいろいろ検索してみると、意外と「お灸で治る!」「つぼをドライヤーで暖める方法もいい」など、お灸で治った方の体験や鍼灸師さんの体験(うちに来たママは9割治りますよとか)が沢山出ていて、びっくりしました。

 

そこで、ダメ元でやって見ようと思ったものの、どこにどんな鍼灸院があるのかも知らないので、とりあえずネットで「逆子・お灸」などで検索したら、箱嶌先生の鍼灸院に当たったということです。

 

箱嶌先生のHPにはちゃんと逆子のコーナーもあって、安心してお伺いしました。

 

 

 

初めての逆子のお灸初めてのお灸でドキドキ・・・

 

お灸は初めてで、すごく緊張しましたが、あっけないほどあっという間に終わり、熱いこともやけどすることもなく、足を温めてもらって気持ち良かったです。

 

毎日通うのは難しいですが、家で続けられるようにお灸をもらえたので、教えてもらったつぼに、朝晩一日二回、お灸をしました。二カ所でも5分ぐらいなので、楽でした。

 

 

 

 

逆子36週目

産婦人科の先生もびっくり!36週目の検診で・・・

 

なんと!逆子が治っていたのです!!ネットには、5日やって逆子が治らなかったら難しいとあったので、とりあえず一週間、自宅でお灸をして、検診に行ってみました。

 

先生もびっくりして、赤ちゃんも大きいし(その時点で3400グラムありました)36週だからまず無理だろう、帝王切開だと言われていたので、不思議がっていました。

 

お灸しかしていないので、お灸のおかげだと思っています。
36週でも治るんですね!しかも、私の赤ちゃんはかなり大きく、逆子の時点で3500グラム近かったのです。大きいと治りにくいと言われていますが・・・。

 

 

 

神秘的な東洋医学

 

とりあえず、試してみてダメなら仕方ないし、治ればラッキーなので、逆子で困っているママには是非お灸にトライして欲しいと思います!!

 

東洋医学とか、自然的な方法は全く信用していなかった私ですが、今後は、西洋医学だけでなく身体に優しいいろいろな方法も試してみようかなと思っています。

 

 

逆子のお灸へのリンク

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 逆子 | タグ: ,
脊柱管狭窄症の手術後の足の痛みやしびれの鍼灸治療

投稿日:2014年01月09日

zakotu「脊柱管狭窄症の手術を受けたけど、足の痛みやしびれがある」

「術後しばらくはよかったが、数ヶ月後に痛みがでてきた」

 

もしかして・・・ 

「手術の失敗??」

「手術をしたのになぜ??」

そう思われるかもしません。

 

そして、鍼灸治療を受けてみると、足の痛みやしびれなどの症状が改善することがあります。

「なんで手術で取れない痛みやしびれが鍼灸治療で改善するの?」

 

実は、脊柱管狭窄症だけが痛みやしびれの原因ではないことがあります。

 

脊柱管狭窄症による足のしびれや痛みで悩んでいる方の多くは腰やお尻、ふくらはぎなどがガチガチになっていることが多いです。

 

そして、腰やお尻、足などのツボに鍼灸治療を行うことで血流が良くなり、硬くなった筋肉も緩み、痛みやしびれが取れていきます。

 

また、足が軽くなったり、以前よりも長い距離が歩けるようになっていきます。

もちろん、すべての方が改善するわけではありませんが、少なからずそういう例はあります。

 

 

イラスト坐骨22先日来院された女性も脊柱管狭窄症の手術を受けたにもかかわらず、足のしびれとむくみが改善されないと来院されました。
歩行器を使って一歩ずつ一歩ずつしか歩けないような状態でした。

 

週2回の治療を2ヶ月間行ったところ、足のしびれが改善し、500歩も歩けなかったのが5000歩も歩けるようになったと喜ばれました。

 

「脊柱管狭窄症の手術を受けたのに症状がある」

「手術後しばらくは良かったがまた坐骨神経痛が再発した」

 

同じような悩みのある方、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

脊柱管狭窄症の鍼灸治療はこちらをクリック 

 

 

 

脊柱管狭窄症の鍼灸治療

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症 | タグ:
お正月の食べすぎに効くダイエットのツボ

投稿日:2014年01月02日

 正月太りダイエット福岡

お正月には、おせちやお雑煮と色々食べてしまいます。
そして外は寒いし、おうちでゴロゴロ。

 

しかし、楽しいお正月を満喫したあとは、
“正月太り”という怖い現実が・・・。

 

少しでも怖い現実を回避したいと思っているあなたに簡単にできる耳ツボを紹介します!

 

お腹周りに余分なお肉がつく前にセルフ耳ツボダイエットをしてみましょう!

 

 

 

 

耳ツボダイエット 福岡

 

 胃点(いてん)

 

胃点は、耳の中央を走る軟骨の先端あたりにあります。胃点を刺激すると、胃の働きを活性化し、胃の消化を助け、食欲抑制の効果があります。

 

胃点の場所が分からない場合は、おおよそのあたりを綿棒で押さえてみて痛く感じるところでも大丈夫。

 

耳ツボ(胃点)を綿棒などで食前30分前の空腹を感じた頃に、綿棒でトントントンと30回程度押してください。綿棒がなければ指で揉んでもOK!

 

お正月休みが終わる前に胃腸を整えておきましょう!!

 

 

 

 

耳ツボの詳しい内容はこちら →福岡耳ツボダイエット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 耳つぼダイエット | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
http://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ